症例紹介case

「私自身が受けたい治療を提供したい」という考えから行った治療です

すべての治療はメリットだけではなくデメリットがあります。
気になる方法等がありましたら気軽に質問して下さい。

インプラント

右上と左下にインプラントを行いました。
それにより、上下の入れ歯を使用することがなくなったことと、隣の歯を削らずに済んだことが大きなメリットです。

左下の歯が下がっていた所は、将来咬み合わせの問題が必ず起きます。 そこで、みだれを平面に修正するために被せ物をしました。
患者さんのもう一つの要望だった「審美」についても、ジルコニアという金属ではない アレルギーの心配の無い安全性の高い白い材料を使い、美しい口元になりました。
患者さんは、何でも噛めて美しい歯が入ったと、喜んで下さいました。 これからは定期的にメンテナンスを行い、患者さんと長く付き合っていきます。

施術名:インプラント治療
施術の説明:インプラント治療とは、歯を抜いた所にチタン製の人工歯根を埋入し、新しく歯を入れる方法です。
施術の副作用(リスク):外科処置が必要で治療期間も他の治療法と比較すると長くかかります。腫れや疼痛を感じる、違和感を感じるなどの症状を生じることがあります。
施術の価格:1本40万円~60万円
※骨が足りずに骨の造成を行った場合(+消費税)

ホワイトニング

ホワイトニングの最大のメリットは、「健全な歯を削らずに、歯を白くすることが出来る」ということです。 当院では、院内でホワイトニングをしています。歯に薬剤を塗布しホワイトニング専用の機械で光を照射します。当院ではなるべくしみない薬剤を使用しています。

通常、2週間くらいで白くなります。 欠点としては、少し しみる事がありますが、一時的なものです。 見違えるほど、キレイになりました。

施術名:ホワイトニング
施術の説明:薬剤塗布により歯を白くする施術です。
施術の副作用(リスク):ホワイトニング直後は一時的に歯がしみる事もあります。歯の白さが一生続くものではありません。
施術の価格:1クール1万5000円、2クール2万5000円、3クール3万円 (+消費税)

再生療法

長年の汚れによる 歯周病、不適切な咬み合わせによる 咬合性外傷など 色々な理由で歯を支えている骨が吸収していました。

今までの治療なら、治すことができなかったが、近年、高度な技術と最先端の材料により、骨の再生が可能になりました。
適応症例は限られていますが、当院では多くの院外研修を経て、このような最新の治療も行っています。

施術名:再生両方
施術の説明:様々な理由で発生した骨吸収を外科処置により再生させる治療です。
施術の副作用(リスク):外科処置が必要になります。全ての患者様に適用できる治療ではありません。
施術の価格:1歯10万円 (+消費税)

審美症例(男性)

前歯の左の歯は、保険で被せた物で、保険の被せ物は経時的に変色してしまうという欠点があります。右の歯は神経を取ってしまい、歯の中から変色して 他の歯と色が違います。

ジルコニア(金属アレルギーの心配の無い 安全性の高い材料)を使い 機能的にも優れ、そして自分の歯のように透明感がある歯を被せることにしました。
長い期間経過したとしても、金属を使用していないので、歯茎が下がっても黒くは見えません。保険の材料と違い、被せ物も変色しません。

施術名:ジルコニア(被せ物)
施術の説明:変色した保険の被せ物をジルコニア冠に変更する審美治療
施術の副作用(リスク):被せ物を外してから少し歯を削る必要があります。
施術の価格:1歯11万円 (+消費税)

審美症例(女性)

自転車で転んだことにより、歯が抜けてしまいました。
患者さんの希望は、なるべく
①短期間で終了したい
②外科をしたくない
そこで、インプラントではなく、両隣を削るブリッジを選択しました。

自分の歯と見間違えるほど、キレイな被せ物が入りました。
しっかりとしたカウンセリングと治療を行えば、このようなキレイな被せ物が入ります。

施術名:ジルコニアブリッジ
施術の説明:失った歯を補うブリッジ治療
施術の副作用(リスク):両隣の歯を削る必要があります。
施術の価格:3歯のジルコニアブリッジ32万円 (+消費税)

入れ歯(金属床)

保険の入れ歯は、全てにおいて規制があります。

①口の中は、固有の容積が決まっています。
保険の入れ歯の材料だと、強度が弱いため、どうしても厚みが出ます。自費の入れ歯は、材料の規制がないため、金属で作製することができ、薄くすることが出来ます。薄くすることにより、発音、違和感が少なくなります。そして強度もアップします。 金属で作製しますので、食べ物の熱さが伝わります。 保険の入れ歯はプラスチックなので、口の中で熱さが伝わらず、喉をやけどするリスクがあります。

②自費の場合、歯茎、歯も規制がないため、患者さんに合った、そして患者さん好みに合わせることができます。今まで以上に楽しく食事ができ、口元も美しくなります。

③非常に高い技術が必要になりますので、治療期間も保険の入れ歯より長くかかります。

施術名:上下の総義歯
施術の説明:1本も歯が残っていない状態を補う総義歯治療(上下)
施術の副作用(リスク):治療期間がかかります。また合わない入れ歯を長く使用し続けていた場合に、正しいかみ合わせに戻すことで違和感を感じる事があります。
施術の価格:38万円×2(上・下) (+消費税)

ウォーキングブリーチ

神経を抜いた歯が黒く見えてしまう場合、ホワイトニングでは白くすることはできませんが、歯の中に専用の薬剤を入れることで白くすることができます。2週間後に薬剤を交換し、白くなるまで2~3回繰り返します。

施術名:ウォーキングブリーチ
施術の説明:薬剤を歯の中に入れて内側から歯を白くする施術です。
施術の副作用(リスク):歯の根の治療からやり直す場合がありますが、その場合は回数がかかります。また、色の調整を行う事はできません。
施術の価格:1歯1万5000円、薬剤交換時に別途500円かかります (+消費税)
治療終了後、白い詰め物で蓋をします。(保険適応)