滅菌・感染予防Sterilization

院内感染予防の取り組み

血液や唾液中には多くの細菌やウイルスが存在します。
歯科医院の治療では、血液や唾液を伴う処置が多いため、院内感染のリスクが高いと言われており、器具の消毒・滅菌がとても大切です。 患者さま一人一人使用する器具が違い、また、複雑で滅菌しにくい器具もあるため、全ての器具を清潔に保つことはとても大変です。 しかしながら、患者さまに安心して治療を受けて頂くためには、欠かせないことでもあります。 近年、設備投資・院内整備をし、こだわりを持って消毒・滅菌をする歯科医院が増えてきています。

もちろん、当院も、消毒・滅菌・使い捨てを行ない、院内感染予防・衛生管理に積極的に取り組んでいます。 その取組みをご紹介させて頂きます。

安全な治療を提供するために

スーパークレーブ高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

スーパークレーブ高圧蒸気滅菌器は、徹底的な空気排除を行うことにより、細菌の滅菌も可能になりました。高い滅菌性能で、患者さまが細菌感染する危険性を低減します。

全ての器具を個別に滅菌しています

針やミラーなど、治療に使用する器具は、1本1本個別にパックして滅菌を行なっています。 治療開始まで無菌状態にパックされていますので、準備段階で汚れてしまったりすることはありません。安心して治療を受けて頂くことができます。

患者さまごとに手袋を交換

手袋を付けてお口の中を触りますので、患者さまごとに、手袋の交換を行います。 使い捨てで交換できるものに関しては、消毒ではなく、新しい物を使用することで、より衛生的な治療を心がけています。

患者さま一人一人にハンドピースの滅菌

昨今、院内感染といったことが歯科でもメディアを通じて取り沙汰されています。 また、ヨーロッパに目を向けると<滅菌対策>というものが規律化され、患者さまの意識のみならず医院側の意識や法律までもが<滅菌対策>に対して重きを置いています。 ヨーロッパ規格に適合した滅菌性能クラスSタイプのコンパクトな高圧蒸気滅菌器で、患者さま一人一人にハンドピースの滅菌をしています。

歯を削るドリルも使用ごとに滅菌しています

歯を削るためのドリルは、精密機器のため、従来は滅菌することができませんでした。つまり、血液や唾液が器具類に入りこんでも滅菌ができていないという可能性があったのです。 当院では専用の特殊な洗浄機器で洗浄し、患者さま別にパックして滅菌を行なっています。さらなる院内感染の予防を実現することとなりました。

落ちにくい汚れには超音波洗浄機

器具には「目に見えない汚れ」も沢山付着しています。消毒・滅菌処置を行なう前にこれらの汚れを完全に除去しなければなりません。 汚れが完全に落とせていないと、滅菌・消毒をしても完全でない場合があり、『二次感染』の恐れがあるためです。 目に見えない汚れまで落とすため、超音波洗浄機を使用した上で、滅菌・消毒をしており、どんな汚れにも対応出来るようにしています。(写真:右)

衛生のため、使い捨て(ディスポーザブル)製品を使用

紙コップ、エプロン、トレー、マスク殺菌パック、グローブなど、使い捨てできるものをできるだけ使用し、患者さまごとに取り換えるようにしています。 衛生管理をしっかりし、患者さまに気持ちよく治療を受けて頂けるよう心掛けています

無菌状態での器具の保存

治療器具は高圧蒸気殺菌装置で殺菌した後、殺菌灯のついたキャビネット中で保管します。 使用する直前に出しますので、無菌状態で患者さまの治療を開始します。

口腔外バキューム

治療時に口腔外に漏れる有害な浮遊粉塵を発生源から捕集します。 全てのユニットに口腔外バキュームを設置し、院内に飛び散る前に吸い込みますので、院内感染対策に有効です

ホルホープ(ガス滅菌器)

熱により傷みやすい器具は、ホルマリンガスを使用して、常温・常圧で滅菌処理を行います。 これにより、高温では滅菌できない様々な器具、器材も、殺菌可能です。

高水準消毒薬による薬液滅菌(グルタラールアルデヒド)

ほぼすべての微生物を死滅させることのできる薬液消毒薬です。 非耐熱性の器具の消毒にも有効です。 ①洗浄 ②すすぎ ③乾燥 ④滅菌・消毒 ⑤乾燥・保管 という流れで、滅菌・消毒を行い、衛生管理には細心の注意を払っています。